住宅の中で一番空間に変化が求められるのが子ども部屋です。子どもの成長過程に合わせて空間に求められるあり方は変わってきます。最近では最初から個室の子ども部屋を設けておくのではなく、広々ワンルームの子ども部屋を設けておき、子どもの成長過程に合わせて空間を半分に区切って利用したり、完全に個室に区切ったり臨機応変に対応できる子ども部屋造りが多く取り入れられています。このような子ども部屋にしておくと、子どもにとって最適の居心地のいい空間が広がるのです。

子どもが小さい間は、広々ワンルームでのびのびと走り回れる子ども部屋が求められます。兄弟で遊んだり、お友達と遊ぶにも広々とした空間があると重宝します。小学生頃になると勉強机を並べて共に勉強したり、一緒に寝る子ども部屋として利用します。勉強スペースと寝るスペースという風に空間を利用してもいいですし、空間を半分だけ区切って個室になる練習をするのもいいでしょう。

中学・高校生頃になるとそれぞれの個室を求めるようになります。このとき初めてこのワンルームを二つの個室に分けるのです。将来的に二つの空間に区切ることを想定して、出入りするドアや窓、コンセントに照明などは二部屋分設けておくのです。このように環境を整えておけば大掛かりなリフォームをすることなく簡単に個室を作りだせるのです。

空間を区切るのには、可動間仕切り収納を利用するのです。女性一人でも簡単に移動でき、それぞれの空間に合わせて1ミリ単位でオーダーメイドできるのです。収納機能を兼ね備えているので物がしっかりと片付けられ空間をスッキリとできます。変化に対応できる子ども部屋を目指しましょう。

住宅購入は人生最大の買い物です。高額な買い物となる住宅は、信頼できるパートナーと共にでなければ成功させることなどできないのです。それだけに家造りで大事なのは、最初に行うパートナー探しと言っても過言ではないのです。我が家は大手ハウスメーカーから地元の工務店まで数多くの業者と出会い、話をしてきました。

数ある業者の中で我が家は、地元に密着した工務店に依頼することにしました。家造りをしたほとんどの人が、予算をオーバーしてしまったという失敗談を口にします。家造りはどうせなら良い物を!という思いが強くなり無理をしてしまうことが多くなってしまうものです。しかし限られた予算内で最高の住宅を完成させてこそ家造りが成功したと言えるのです。

我が家は塗り壁や無垢材を取り入れました。クロスや合板フローリングより割高な素材です。玄関やリビングなど目立つ部分にこれらの割高な素材を取り入れ、見た目はあまり変えずに他の部分には割安な素材を取り入れ予算配分にメリハリをつけたのです。このように予算がかさむ提案をしてくる時には同時に節約できるポイントまでアドバイスをくれた業者に本当に感謝しています。

限られた予算内でも自分の取り入れたかった素材を取り入れることができ、その素材の魅力を最大限に感じられる空間が広がっていることで、住宅への満足度も非常に高いものとなっています。引き渡し時には、これでお付き合いが終わったわけではありません。これからが本当のお付き合いと思って、何があればすぐに連絡下さいという言葉をかけてくれました。この言葉を聞き、改めてこの業者に依頼して良かったと思ったのです。

我が家は玄関の動線を二つに分けました。メインのお客様用とその隣に設けたシューズクローク側は家族用の玄関にして動線を二つにしたのです。二つに分けることで、メインのお客様用の玄関を常にきれいに保つことができ、急な来客者でもスムーズに対応できるのが一番の魅力です。

玄関横にシューズクロークには家族の靴や傘だけではなく、外で使用する子ども用のおもちゃやスポーツ用品、三輪車やベビーカーなど大きさのあるものまでしっかりと収納できるように土間収納スペース確保しました。玄関周りに散らかりがちなものをきちんと整理できることでメインの方には、靴箱すら設ける必要はありません。

動線を二つに分けたことで、子ども達にいい習慣が身に付きました。今までは帰宅すると靴は脱ぎっぱなしでしたし、外で使用したものも玄関内やポーチ部分に置きっぱなしにすることが多かったのですが、物を土間収納に片付け、履いていた靴をオープン棚のあった場所にきちんとなおし、室内で入ってくるようになったのです。この習慣が身に付いたのは、シューズクロークから室内への動線をスムーズにしたことが大きいのです。行き止まりのシューズクロークだと、物や靴を収納したあと玄関にまた戻り、室内へ入らなければなりません。そのため脱ぎっぱなし、置きっぱなしになってしまうのです。

シューズクロークを設ける場合には、収納力と動線に注目するといいと思います。我が家は玄関の動線を分けたことで大正解でした。来客者にいつでも対応できる玄関にするには動線を二つに分けるのはおススメです。

家造りはまずは依頼する業者を探すことから始まります。大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると数多くの業者が存在します。その中から一社を選び出すというのは容易なことではないのですが、家造りを成功させることができるかどうかはこの業者にかかっていると言っても過言ではないだけに慎重に選びたいものです。

住宅は人生最大の大きな買い物です。金額が高額になるので本当に信頼できるパートナーと出会えるかどうかが最大のポイントです。まずはハウスメーカーと工務店のそれぞれの大まかな特徴を知ることで業者選びがしやすくなると思います。ハウスメーカーの特徴は、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。そのため社会的信用度も高いのです。カタログやモデルハウスなどで家造りのイメージを沸かせるための材料が豊富にそろっています。営業・設計・施工など各部門も人材がそれぞれに教育されているのでしっかりとしていると印象を受ける人も多いのです。その反面、自社商品しか売ってくれなかったり、商品の規格化のため自由にならない部分もあります。またモデルハウス維持管理費や広告宣伝費などさまざまな経費が建築費に上乗せされてしまうのでどうしても高めになってしまうのです。

地元に密着した工務店は、地域での評判を大切にするため、施工はもちろんのこと引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視していることが多いです。契約を行う会社と施工者が同一のため、責任の所在がはっきりしているのもいいと思います。そして何より建築主の希望や都合を最優先に考えてくれる傾向にあり、大量生産とはことなる一品生産の家造りを行うことができるのです。ハウスメーカーに比べると提案力に欠けると感じる人も多く、会社規模が小さいため不安視する人も多いのです。どちらを選択してもメリット・デメリットはあります。自分達にはどちらが適しているかをしっかり見極め、業者選びをしましょう。

新築住宅やリフォームの際に、オーダーメイドでテレビ台やクローゼット、本棚などオーダーメイドでつくりこんだ家具のことを造り付け家具と言います。最近ではこの造り付け家具を取り入れる人も多いです。

造り付け家具の魅力は、建物の空間に合わせて特注するのでその場所にピッタリのサイズでおさめることができることです。見た目の印象をスッキリとさせることができますし、空間の一体感も高められます。また自分好みのオンリーワン家具にすることができるのです。自分の好きな素材で好きなデザインにすることができるため家具への愛着も高まりますし、自由に造ることができるのでより使いやすい家具に仕上げられるのです。

リビングのテレビ台などは壁面収納と一体化させたり、オープンシェルフにして見せる収納や、扉を設けて隠す収納を組み合わせたものにすることもできるのです。収納スペースを充実させることもでき、自分好みのデザインにすることで使いやすさが高まるのです。
壁に家具を固定させた造りにするなど、突っ張り棒や金具などで固定をせずに、家具の倒壊などを防止することができるので、地震大国と言われる日本にとっては造り付け家具は耐震性に優れた最適の家具でもあるのかもしれません。

しかし自分好みにアレンジできることで価格が割高になってしまうことが多いです。最近では置き家具の価格が非常に手頃なのに比べて造り付け家具は非常に割高になってしまうのです。この価格の差から造り付け家具を断念する人も多いのです。そして造り付け家具を取り入れると模様替えが行いないということも忘れてはいけません。メリットデメリットを踏まえ取り入れるようにしましょう。

室内でペットを飼っている家庭は非常に多いです。ペットの中でも小型犬を室内で飼う家庭が多いです。ペットは家族の一員として大事にしている人が多いです。人間とペットが快適に暮らせる家というのを実現させる必要があります。小型犬を飼っている友人が意外と多いです。その友人達が一番大事にしていることは衛生面です。汚れはもちろんのこと、臭いやノミを防ぐためのシャンプーは欠かせません。これがなかなか大変です。

そこでシャンプーを負担を感じることなく、快適に行えるようにペット対応の洗面化粧台を取り入れています。シンクにはマットを敷いて犬の足が滑りにくくしておきます。腰をかがめずに楽な姿勢でシャンプーできるので負担を軽減してくれます。洗面室の壁は、耐水性があって水拭きができるパネルにしておくとお手入れが楽です。

またペットの居場所をしっかり作ってあげることも大事です。人間にも自分の居場所があるように、ペットにもしっかり居場所を設けてあげるのです。そうすることでペットもストレスを感じることなく、快適な暮らしを得られるのです。このペットの居場所はリビングの一角やリビング階段の下のデッドスペースを利用してみるのもいいと思います。

最近はLDKの境に壁や建具をなくしオープンな空間をつくる傾向にあります。これは人間だけでなく犬にとっても自由にのびのびと動き回れて過ごしやすいのです。このペットスペースにはしっかりゲージを設けておけば手軽に仕切ることができるので、来客時にも便利です。ペットを飼っている家庭では人間とペットが共に快適に暮らせるようにしておく必要があるのです。

我々の暮らしにコーヒーは無くてはならない存在です。一日に何杯もコーヒーを飲むという人も少なくありません。最近では、コンビニで簡単に本格的な味わいのコーヒーを低価格で購入でき、コーヒーはますます身近な飲み物としての認識を高めています。またコーヒーは身体にいい!という研究結果があり積極的にコーヒーを飲む人も増えてきているのではないでしょうか。研究結果では、コーヒーを一日3~4敗飲む人は、コーヒーをほとんど飲まない人より36%も狭心症や心筋梗塞などの心臓病を患う危険性が低いというのです。他の脳疾患や呼吸器疾患も40%ほどリスクが下がっており、コーヒーは重大な病気のリスクを減らしているというのです。

これは、コーヒーに含まれるクロロゲン酸による血圧上昇効果や、カフェインの血管収縮作用が有効に働き、血液の流れを良好にしていると感がれています。そのためコーヒーへの注目度も今まで以上に高まっているのです。それに伴い人気を高めているのがコーヒーメーカーです。中でもミル付きコーヒーメーカーが人気です。
これならいつでも挽きたてのおいしいコーヒーを味わうことができるのです。一度ミル付きのコーヒーメーカーを使うと、あまりに香りが違うことで普通のコーヒーメーカーで入れたコーヒーは飲めないと感じてしまうほどと言います。

私が気になっているのが、一度に12カップ分のコーヒーが一度に抽出できる大容量のミル付きコーヒーメーカーです。ステンレス製のポットに注がれるので冷めにくく、焚きすぎによる苦味も出ることがないようです。来客時や家族の多い人、一日数杯も飲む人には最適です。身体にいいと言っても飲み過ぎは良くないので、美味しいコーヒーを適度な量飲みたいものです。

子どものいる家庭では間取りを決める際に、子ども部屋をきちんと設けると思います。しかし子どもが小さいと子ども部屋を設けてもそこで過ごすことは数年先のことになってしまいます。また小さい子どもは目が離せません。親にとっても身近な場所に子どもの過ごすスペースがあると安心できます。

そこで友人宅はリビングの一角にキッズスペースを設けていました。程よい高さの壁で区切ったキッズスペースは、リビングからの視線を緩やかに遮ってくれます。しかしキッチンからはしっかりと目が届くので、母親がキッチンで家事をしながら子どもの様子はきちんと把握できるのです。子どもも親の顔が見れることで安心して遊びに集中できます。

このキッズスペースは数年すれば必要なくなるので一見無駄なスペースのような気もしますが、ここを将来的にはスタディコーナーとして利用するようです。小学生頃まではこのスタディコーナーが重宝することでしょう。子ども達が使わなくなれば裁縫スペースや書斎スペースなど設けることができなかった空間をそこに再現させるのもいいでしょう。

我が家は階段を上がった際の二階ホールを利用してキッズスペースにしました。ここをキッズスペースにした理由は、吹き抜けに面して設けられているため、子ども達だけで過ごしても吹き抜けを通して子どもの声や気配を身近に感じられるからです。子ども達だけで遊ばせて吹き抜けを通して声や様子を伺うことができるので不安はありません。またここをキッズスペースにしたことでリビングにおもちゃが散らかることが少なくなりました。大人だけでなく子どもにとっても楽しい家でありたいものです。

壁の厚みを利用して設けられる飾り棚や収納スペースのことをニッチと言います。最近このニッチは住宅で多く取り入れられています。ニッチは壁の厚みを有効利用させるため、広さに余裕のない空間でも広さに余裕のある空間でも設けることができます。飾り棚としてのニッチは、空間のアクセントになりオシャレな空間にすることができますし、収納スペースとしてのニッチは実用性が高く、物を片付けるには最適です。

我が家にもこのニッチを取り入れました。まずは住宅の顔と言われる玄関ホール部分に、飾り棚兼収納スペースとどちらの機能も兼ね備えたニッチを設けたのです。飾り棚には雑貨を飾ることで玄関ホールのアクセントとなり一番に目を引きます。そして収納スペース部分にはお客様用のスリッパラックとして使用しています。この収納スペース部分には扉を付けました。扉を付けることで生活感のあるスリッパを隠すことができますし、スリッパにホコリがかぶるのを避けられるのです。今までお客様用スリッパを収納する場所に頭を悩ませていましたが、このニッチを設けたことで悩みを解消することができました。

そしてキッチンに設けた腰壁にもニッチを設けました。キッチン側には調味料入れニッチを設けました。今までキッチンの作業スペースに並べられていた調味料を、このニッチ内に収めるようにしたことで、作業スペースを広々と利用できるようになり調理の効率も高まっています。そしてこの腰壁にはもう一か所ダイニング側にマガジンラックのニッチを設けました。散らかりがちな新聞や雑誌を整理するのにもってこいのニッチとなっています。壁の厚みを有効利用させてオシャレでなくてはならないニッチを設けてみてはいかがでしょうか。

最近住宅の間取りを決める際に、ママのためのワークスペースを設ける家庭が増えてきていると業者の人から聞きました。最初はママのためのワークスペースなんているのかしら?と思っていたのですが、今では設けて良かったと実感しています。ママは家事に育児、それに加えて仕事をしている女性が多いです。なかなか自分の時間をゆっくりと過ごすことができないというママが非常に多いのです。

せっかく建てたマイホームが、自分の時間を大切にできず、家事や育児追われてしまうのでは楽しくありません。そんな不満を解消するためにもワークスペースは設けた方がいいのです。例えば、家事の合間の休憩場所として利用します。食事をするダイニングや子ども達がうるさく遊び回っているリビングで休憩と言ってもなかなか心底落ち着けません。

ママだけのスペースでゆっくりお茶でも飲めば、束の間の休憩もホッと安らぐことができるのです。また家計簿をつけたり、アイロンがけや裁縫などちょっとした家事もここで行うことで、子ども達に邪魔されることもなくなり家事の効率も高められるのです。私は家事や育児の合間にパソコンを利用して仕事をしたり、趣味のネットショッピングをすることが多いです。このワークスペースはパソコンをするスペースとしても重宝するのです。

キッチン横に設けたママスペースは家族の繋がりを感じながらも、自分一人だけの時間に集中することもできるのです。ホッとできたり、家事を集中して行える自分だけの空間があると家で過ごす時間がより充実したものになるのです。