Archive for the ‘未分類’ Category

我々の暮らしにコーヒーは無くてはならない存在です。一日に何杯もコーヒーを飲むという人も少なくありません。最近では、コンビニで簡単に本格的な味わいのコーヒーを低価格で購入でき、コーヒーはますます身近な飲み物としての認識を高めています。またコーヒーは身体にいい!という研究結果があり積極的にコーヒーを飲む人も増えてきているのではないでしょうか。研究結果では、コーヒーを一日3~4敗飲む人は、コーヒーをほとんど飲まない人より36%も狭心症や心筋梗塞などの心臓病を患う危険性が低いというのです。他の脳疾患や呼吸器疾患も40%ほどリスクが下がっており、コーヒーは重大な病気のリスクを減らしているというのです。

これは、コーヒーに含まれるクロロゲン酸による血圧上昇効果や、カフェインの血管収縮作用が有効に働き、血液の流れを良好にしていると感がれています。そのためコーヒーへの注目度も今まで以上に高まっているのです。それに伴い人気を高めているのがコーヒーメーカーです。中でもミル付きコーヒーメーカーが人気です。
これならいつでも挽きたてのおいしいコーヒーを味わうことができるのです。一度ミル付きのコーヒーメーカーを使うと、あまりに香りが違うことで普通のコーヒーメーカーで入れたコーヒーは飲めないと感じてしまうほどと言います。

私が気になっているのが、一度に12カップ分のコーヒーが一度に抽出できる大容量のミル付きコーヒーメーカーです。ステンレス製のポットに注がれるので冷めにくく、焚きすぎによる苦味も出ることがないようです。来客時や家族の多い人、一日数杯も飲む人には最適です。身体にいいと言っても飲み過ぎは良くないので、美味しいコーヒーを適度な量飲みたいものです。

賃貸アパートや賃貸マンションなどを借りる場合に、前に住んでいた方が退去してからその賃貸物件の状況がどのようになっているかが問題になります。

基本的に前に住んでいた方が退去した場合にはその物件を管理している不動産会社が退去後に次の入居者の案内がいつ来ても良いように、原状回復のために壁紙・襖・障子などの張り替えや損傷個所の修復を行います。

場合によっては住宅設備機器の入れ替えもします。

私の友人が賃貸物件を借りた時に不動産会社で物件の情報を見た時には築10年以上の物件だったので古い物件は嫌だなぁと感じたそうですが、物件のオーナーが次の方が入居を決めやすい、入りやすいようにと公団流し台やトイレなどを完全に入れ替えて、築年数の古さを感じさせないようにしていたそうです。

やはり賃貸物件を借りる場合には大半の方ができるだけ新築・築年数の浅い物件が良いと感じているようです。

そこを管理している不動産会社や物件のオーナーが敏感にキャッチできるかどうかということで変わってくると思います。

その時のトレンドや流行は重要な事でしょう。

しかし3月から4月にかけての賃貸の入退去の繁忙期の場合、どうしてもメンテナンスが間に合わずに退去後すぐの物件を不動産会社から案内されることも少なくありません。

そういった場合にはどこまでメンテナンス、入れ替えをするのか不動産会社に確認することが必要になります。

敷金や礼金を出さないと賃貸物件を借りることができないときもありましたが、今は物件を選ばなければ借りることができるようになりました。

それではなぜ今まで敷金や礼金を出さないと借りることができなかったのでしょうか。

それは需要と供給がどうなっているかのバランスが影響してきます。

前は需要が多く供給が少ない状態のときがありました。

つまり借りたい人が多いのにアパートやマンションの空きがないという状況が多くあったということです。

それなら部屋を貸す大家さんとしても、敷金や礼金を高く設定しても何も問題はありませんでした。

現状ではこれが逆転していて、大家さんのほうが入居してほしいので敷金や礼金を低く設定することが多くなっています。

ここで敷金と礼金について少し説明しておきます。

敷金は大家さんに部屋を借りる人が預けておくお金です。

預けておくお金なので退去するときに返ってくるのですが、前は返ってこないのが普通でした。

それは大家さんが退去者が使っていた部屋の修理やクリーニング費用として使っていたりしたためです。

その他に家賃を滞納したりした場合も敷金から差し引かれます。

今では敷金が全額戻ってくることが多くなっています。

部屋を借りた人は大家さんに元の状態にして返す原状回復の義務があります。

この原状回復の義務として自然に損耗していくものなどについては、原則として借りた人が負担するものではないという考えが一般的になっています。

特約などがあるかもしれないので、契約書の内容はよく確認するようにしておきましょう。

健康住宅を大分に建てた友人は住宅会社として工務店に依頼しました。

健康を考えた住宅を建てることを得意にしている住宅会社もありますし、デザイン住宅を建てることを得意にしている住宅会社もあります。

住宅造りで依頼先の会社を考えるときは何を得意にしている会社なのかを調べてみることが大切です。

料理でも何でもそうでしょう。

専門店に行ったら専門にしている料理を食べたいと思うことでしょう。

同じように住宅も得意にしている住宅会社に頼むことが大切です。

住宅会社には工務店やハウスメーカー、建築設計事務所があります。

住宅会社の工務店とハウスメーカーは得意としている工法があって、工務店は在来工法でハウスメーカーはプレハブ工法です。

在来工法では木造住宅を建てることができます。

プレハブ工法は木造住宅などを建てることができます。

工期を短くすることができるのがプレハブ工法の特徴です。

プレハブ工法と聞くと性能が悪いのではないかと考えるかもしれませんが、今は性能も高くなっており安定した住宅を造り上げることができるのです。

工務店は在来工法、ハウスメーカーはプレハブ工法と書きましたが、これはあくまでイメージ的なものでそれぞれの会社によっても全く変わってきます。

住宅造りをするときに全ての会社を調べてみるということは難しいかもしれません。

ある程度の目星をつける必要があります。

そのときに、得意としている住宅や工法を参考に探すようにするといいのではないでしょうか。