Archive for 2月, 2012

敷金や礼金を出さないと賃貸物件を借りることができないときもありましたが、今は物件を選ばなければ借りることができるようになりました。

それではなぜ今まで敷金や礼金を出さないと借りることができなかったのでしょうか。

それは需要と供給がどうなっているかのバランスが影響してきます。

前は需要が多く供給が少ない状態のときがありました。

つまり借りたい人が多いのにアパートやマンションの空きがないという状況が多くあったということです。

それなら部屋を貸す大家さんとしても、敷金や礼金を高く設定しても何も問題はありませんでした。

現状ではこれが逆転していて、大家さんのほうが入居してほしいので敷金や礼金を低く設定することが多くなっています。

ここで敷金と礼金について少し説明しておきます。

敷金は大家さんに部屋を借りる人が預けておくお金です。

預けておくお金なので退去するときに返ってくるのですが、前は返ってこないのが普通でした。

それは大家さんが退去者が使っていた部屋の修理やクリーニング費用として使っていたりしたためです。

その他に家賃を滞納したりした場合も敷金から差し引かれます。

今では敷金が全額戻ってくることが多くなっています。

部屋を借りた人は大家さんに元の状態にして返す原状回復の義務があります。

この原状回復の義務として自然に損耗していくものなどについては、原則として借りた人が負担するものではないという考えが一般的になっています。

特約などがあるかもしれないので、契約書の内容はよく確認するようにしておきましょう。

住宅を購入するときには住宅ローンを借り入れるのが一般的なことですが、住宅ローンで

一番最初に知っておきたいのは金利タイプのことです。

自分の状況に合わせた金利タイプを選ぶようにすることが住宅ローンの返済をしていくことができるようになるコツです。

自分の状況に合わない金利タイプを選んでしまうと、最悪の場合返済できなくなってしまうかもしれません。

そうならないように金利タイプは知っておかなければいけません。

金利タイプには全期間固定金利型・固定金利選択型・変動金利型があります。

今多く借り入れされているのは全期間固定金利型です。

今の金利はとても低い状況にあるので、借り入れをしている間の金利が固定されている全期間固定金利型がメリットが大きいのです。

それに比べ今は固定金利選択型や変動金利型にすることのメリットはそう大きくありません。

固定金利選択型というのは借り入れ時の金利が全期間固定金利型の金利よりも低いため、いいように思えるのですがその期間が終わった後のことも考えなければいけません。

固定金利の期間が終わってしまうと、そのあとの金利をどうするか選ぶことができるのですが、そのときに適用されるのはその時の金利であることに注意しておきましょう。

変動金利は金利が変動するので、金利が上昇していきそうなときに借り入れするのは得策ではありません。

大分の不動産屋でマンションを購入した友人も全期間固定金利型での住宅ローンの借り入れをしていました。

住宅ローンを借り入れするときは金利タイプのことを考えましょう。