Archive for 12月, 2015

壁の厚みを利用して設けられる飾り棚や収納スペースのことをニッチと言います。最近このニッチは住宅で多く取り入れられています。ニッチは壁の厚みを有効利用させるため、広さに余裕のない空間でも広さに余裕のある空間でも設けることができます。飾り棚としてのニッチは、空間のアクセントになりオシャレな空間にすることができますし、収納スペースとしてのニッチは実用性が高く、物を片付けるには最適です。

我が家にもこのニッチを取り入れました。まずは住宅の顔と言われる玄関ホール部分に、飾り棚兼収納スペースとどちらの機能も兼ね備えたニッチを設けたのです。飾り棚には雑貨を飾ることで玄関ホールのアクセントとなり一番に目を引きます。そして収納スペース部分にはお客様用のスリッパラックとして使用しています。この収納スペース部分には扉を付けました。扉を付けることで生活感のあるスリッパを隠すことができますし、スリッパにホコリがかぶるのを避けられるのです。今までお客様用スリッパを収納する場所に頭を悩ませていましたが、このニッチを設けたことで悩みを解消することができました。

そしてキッチンに設けた腰壁にもニッチを設けました。キッチン側には調味料入れニッチを設けました。今までキッチンの作業スペースに並べられていた調味料を、このニッチ内に収めるようにしたことで、作業スペースを広々と利用できるようになり調理の効率も高まっています。そしてこの腰壁にはもう一か所ダイニング側にマガジンラックのニッチを設けました。散らかりがちな新聞や雑誌を整理するのにもってこいのニッチとなっています。壁の厚みを有効利用させてオシャレでなくてはならないニッチを設けてみてはいかがでしょうか。