Archive for 6月, 2016

家造りはまずは依頼する業者を探すことから始まります。大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると数多くの業者が存在します。その中から一社を選び出すというのは容易なことではないのですが、家造りを成功させることができるかどうかはこの業者にかかっていると言っても過言ではないだけに慎重に選びたいものです。

住宅は人生最大の大きな買い物です。金額が高額になるので本当に信頼できるパートナーと出会えるかどうかが最大のポイントです。まずはハウスメーカーと工務店のそれぞれの大まかな特徴を知ることで業者選びがしやすくなると思います。ハウスメーカーの特徴は、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。そのため社会的信用度も高いのです。カタログやモデルハウスなどで家造りのイメージを沸かせるための材料が豊富にそろっています。営業・設計・施工など各部門も人材がそれぞれに教育されているのでしっかりとしていると印象を受ける人も多いのです。その反面、自社商品しか売ってくれなかったり、商品の規格化のため自由にならない部分もあります。またモデルハウス維持管理費や広告宣伝費などさまざまな経費が建築費に上乗せされてしまうのでどうしても高めになってしまうのです。

地元に密着した工務店は、地域での評判を大切にするため、施工はもちろんのこと引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視していることが多いです。契約を行う会社と施工者が同一のため、責任の所在がはっきりしているのもいいと思います。そして何より建築主の希望や都合を最優先に考えてくれる傾向にあり、大量生産とはことなる一品生産の家造りを行うことができるのです。ハウスメーカーに比べると提案力に欠けると感じる人も多く、会社規模が小さいため不安視する人も多いのです。どちらを選択してもメリット・デメリットはあります。自分達にはどちらが適しているかをしっかり見極め、業者選びをしましょう。