住宅を購入しようと考えている人の中には、建売住宅にしようか注文住宅にしようか迷う人も多いと思います。建売住宅にも注文住宅にもメリット・デメリットあるだけにどちらが自分達に合っているかを見極めてみるといいと思います。建売住宅について考えてみたいと思います。

建売住宅を購入した人が口を揃えて言うことが、価格が安いということです。建売住宅は、規格化された住宅が多く、建築コストを抑えることができます。土地においても開発地などが多く、そのため土地の代金の安く設定されているのです。注文住宅の場合、土地の仲介手数料など余計な費用がかかるため、建売住宅に比べ2~3割のコストアップになるのです。

建売住宅は土地を探す手間がかからないというのも大きな魅力です。家を建てたいけど、いい土地が見つからずなかなか家造りが進められないという人も意外と多いです。それだけに土地を探す手間がかからないというのは嬉しいものです。そして、実際の間取りがそのまま確認できるため暮らしをよりリアルにイメージすることができます。設備やデザインなども把握できますし、日当たり状況や外からの騒音、近隣住民の雰囲気なども感じとることができるでしょう。住宅購入の大きな判断基準となるのです。

デメリットは、大人2人と子ども2人の4人家族を想定して造られた間取りが多いです。希望の間取りが見つかればいいのですが、見つからないことも多いのです。建売住宅は自由度がないだけに、希望に近い住まいであれば魅力も多いのですが、希望に沿わなければなかなか購入には至らないでしょう。また、完成していることが多いため建築途中を見ることができません。建材や断熱材などどのようなものを使用しているかを把握できないため不安に感じる人も多いのです。建売住宅と注文住宅、適している住宅を見極め夢のマイホームを手に入れましょう。

Comments are closed.