キッチンには調理器具やキッチン家電、食器に食材、レシピ本にお米など収納しておきたいものが多い場所です。そこでキッチンスペースいっぱいに広がるウォールキャビネットを設けて、キッチンで必要な物をここ一か所でまとめて整理して、キッチンで使い物を把握しやすく、出し入れしやすいようにしておくと家事の効率も高まります。

床から天井まで広がるウォールキャビネットはキッチンの収納力をアップさせることができます。冷蔵庫までスッキリと収められるようにしておくことで見た目もスッキリですし、冷蔵庫の上のデッドスペースも収納スペースとして利用できるのです。電子レンジや炊飯器、コーヒーメーカーに電気ケトルなどのキッチン家電は、扉を横に格納できる造りにします。そうすることで扉を開けたままの状態でこれらの家電を使用でき、とても便利なのです。

使わない時は扉でスッキリと隠すことができ、これらが目に触れないことで生活感を感じさせにくいのです。キャビネットを守る蒸気排出ユニットが炊飯器や電気ケトルなどから出る湯気をキャビネットの外へと排出してくれるので、家具の劣化の抑制に繋がるのです。また、スライドカウンターを引き出せば、ご飯をよそうときやコーヒーを入れる時など手元で作業する際にとても便利です。収納力を高めるだけでなく、キッチン家電を利用しやすくしておくことも忘れてはいけないのです。

スプーンや箸などのこまごました調理器具などはスッキリと分別して整頓しておきましょう。お皿やグラスも引き出し収納に使いやすく並べて収納しておけばお皿の出し入れもしやすいのです。引き出しは静かにゆっくり閉まるファインモーション機構付ならより収納への満足度も高まります。収納している物が全て扉で隠すことができながらも、物の出し入れやキッチン家電の利用のしやすさを確保したウォールキャビネットでキッチンの居心地を高めましょう。

Comments are closed.