Posts Tagged ‘断熱’

住まいの湿気対策というのは、まず、風通しが良いということが重要になってきます。日本は高温多湿の気候ですが、壁には土壁を用い、開口部を大きくしています。住まいの内部にも、固定壁を余り設けずに、障子や襖など、通気性が良く、取り外し可能な建具によって間仕切りをしていました。このように、自然の環境を利用することで、居住環境を上げるようにしてきました。しかし、冷暖房が発達して、厳しい自然環境から隔絶することで、居住性を上げていくようになりました。そのためには、断熱性と気密性を上げていかなくてはなりません。

私の友人は冷暖房効率をよくするために、住まいの断熱性や気密性を高めていくことを考えたそうです。断熱性を高めるためには、天井や壁や床に断熱材を施していきます。断熱性を高めていくのに、一番大切なことは気密性です。気密性を高めていくには、構造躯体の中に断熱材を隙間なく充填することが不可欠なのです。しかし、住まいの天井や床や壁に隙間なく充填するのには、丁寧な施工が必要になります。住まいの壁には、コンセントも凹凸もありますから、冷気や暖気が入ったりします。その温度差が入ってきた湿気を結露させ、内部結露を発生させてしまいます。それが長い年月になると、住まいの構造に深刻な影響を与えてしまいます。丁寧な施工と言いますが、素人の彼女には、よくわかりませんでした。

そこで、断熱材充填型耐力壁を採用することにしました。現場で、断熱材を充填する必要がなく、工場でセルロースファイバーを充填しているので、簡単に施工することができます。現場での工事もかなりスピードが上がります。気密性も上がりますから、内部結露も防ぐことができます。夏や冬には、どうしても、冷暖房が必要ですが、冷暖房効率が上がりますから、光熱費も抑えられ、省エネにもなります。