Posts Tagged ‘窓’

高温多湿の日本の気候で、住まいの居住性を考えると、徒然草の「住まいは夏を旨とすべし」という言葉が思い浮かびます。これは、冷房のなかった時代の住まいづくりの言葉ですが、省エネのことを考えれば、自然の恵みである太陽光や風を利用して、居住性を上げていくことが大切です。つまり、住まいの断熱性や気密性を上げて、最低限の冷暖房で、一年中、安定した居住性を保つことができます。しかし、問題になるのは、冬には有り難い太陽光も、夏になると、室温を上げる厄介なものになります。

私の友人が住まいを新築する時、できるだけ、明るく、開放的な住まいにしたいと思いました。そのためには、最小限の間仕切りと大きな窓が重要な要素でした。窓というのは、太陽の光を取り入れ、住まいを明るく、開放的にしてくれますし、自然の風を取り入れることで、住まいの中の通風換気をよくしてくれます。そこで、住まいの東西南北に窓を設置して、風が自然に通り抜けるように工夫しました。入居して、初めての初夏ごろのことでした。西側の大きな掃き出し窓から入ってくる太陽の光が眩しく感じられ、室温がかなり上がるようになりました。今まで住んでいた住まいは西側に窓がなかったので、「西日」について、そんなに深刻に考えてはいませんでした。夏には室温がかなり上がり、眩しく、冷房もあまり効かなくなりました。そこで、窓ガラスを遮熱タイプのLow-Eペアガラスに替えてもらいました。遮熱タイプは、夏の西日による日射熱が住まいに入ることを防ぎ、冷暖房効率を上げるようにしました。また、北側のハイサイドライトは、冬、北風が吹きつけますから、断熱用のLow-Eペアガラスを採用し、窓ガラス周辺の室内の空気が冷やされることを防ぎました。窓ガラスについても、場所によって、適したガラスに交換することで、少しコストが掛かりましたが、光熱費低減や省エネのことを考えたら、交換して良かったと思いました。