Posts Tagged ‘耐震’

地震に強い家をつくる技術は免震以外にもいろいろあるのです。むしろ免震はほんの一部の住宅に採用されているに過ぎず、現状は、免震以外の技術や部材が住宅の耐震分野のほとんどを担っているといえるのです。たとえば、住宅を支える基礎や地盤、住宅そのものを形成する外壁、鉄骨などいずれも先端の技術が組み込まれており、高い性能を発揮し、安全で安心な家を形作っています。

そこで、住宅のベースとなる基礎についてですが、ベタ基礎、布基礎があります。これは住宅が建つ地盤の条件などによって、いくつかのタイプがある住宅の下部構造のことなのです。
住宅本体にどれだけ優れた耐震技術が使われていても、家を支える基礎に問題があっては意味がないのです。つまり、それだけ重要な部分だとも言えるのです。
 
その基礎を支えるのが地盤なのです。場所によっては固いあるいは柔らかいなど地盤にはさまざまなタイプがあるのです。地震に強い家をつくるには堅い地盤の上に立てるほうがベストですが、しかしそういった土地ばかりではなく軟らかい土地もあるのです。そこでそれを改良するいくつかの技術があるのです。
その一つの工法として、専用具を使って特殊なセメント状の液状を地中に流し込みながら、地中に何本もの柱を作っていく工法です。
この柱状改良には2種類あり、そのうち、途中の直径を太くした工法の節付柱状地盤改良は節があることで、地盤の支持力がさらに高まり、その上に立つ住宅の耐震性を高めるというものです。

この工法は、地盤を丈夫にして耐震性をアップした上に、耐震性能の優れた家をつくるといった、二重三重の構えなのです。この工法では、比較的軟らかい地盤の上に家をつくることができ、耐震性も確保される工法なのです。